フリー(4478) 株価分析 【今後の株価予想は?】

🔽フリー【freee】(4478)株価まとめ

 

  • 会計、人事労務ソフトで、日本クラウド市場シェア№1!
  • ARR(年間経常収益)は右肩上がりに増加!
  • 長期的に先高観が有り!

 

▼記事内では、以下のことを紹介します。

「フリーの事業内容」

「フリーの強みや特徴」

「成長株投資家による個人の株価予想」

① 株価情報

▼2020年12月17日のデータです。

  • 株価:9,970円
  • PER:-倍
  • PBR:36.55倍
  • 配当金:無し
  • 配当利回り:-
  • 業種:情報・通信業

② 事業内容

(出典:フリー2021年6月期第1四半期決算説明資料)

クラウド型会計、人事労務ソフトなどを開発・提供をしている会社です。

主要顧客は個人事業主や中小企業をターゲットにしています。

会計ソフト、人事労務ソフトでは日本のクラウド市場シェア№1です。

③ 事業の特徴・強み

・ARR(年間経常収益)は右肩上がりに増加!

(出典:フリー2021年6月期第1四半期決算説明資料)

グラフからARRが右肩上がりで増加していることが分かります。

しっかり成長していますね!

(ARR=年間経常収益を表しています。各期末月のMRR(月間経常収益)を12倍にして算出しています。)

・ARPUも着実に増加!

 

(出典:フリー2021年6月期第1四半期決算説明資料)

ARPUはユーザー1人あたりの平均売上金額を表しており、グラフからARPUが着実に増加している事が分かります。

ユーザー1人あたりの売上が伸びているということは、オプション追加や複数のサービス利用などの囲い込みが成功していることが伺えます。

・平均解約率はたったの1.6%!

(出典:フリー2021年6月期第1四半期決算説明資料)

12カ月平均の解約率は1.6%とかなり低いです。

解約率が低いということは、利用したユーザーが満足して使い続けていることが分かります。

・クラウド会計ソフトの市場は拡大余地有り!

(出典:フリー2021年6月期第1四半期決算説明資料)

国別で見ると、日本がダントツでクラウドが普及していません(笑)

普及していないということは逆に捉えた場合、まだまだ開拓余地があるということです

④ 株価推移

▼6カ月チャート

株価は11月以降、レンジ相場を続けています。

テクニカルでは、上値ラインは10,000円、抵抗ラインは8,000円が意識されると思います。

 

・短期の株価予想

このままレンジ相場が続くと予想しますが、もし8,000円を大きく割り込むと、一気に暴落となる可能性が考えられます。

上値10,000円越え後の定着は、大きなサプライズがないと難しいと感じますね。

 

・長期の株価予想

売上高が増加しており、企業自体がしっかり成長していますので、株価はまだまだ上を目指して行けると考えます。

⑤ 経常利益の推移

決算期 経常利益 前期比
2017年6月 -22億500万円 -
2018年6月 -33億9,900万円 -
2019年6月 -28億5,000万円 -
2020年6月 -29億3,800万円 -
2021年6月 予想 - -

経常利益は各年度赤字です。

赤字理由は、開発費用・ユーザーの獲得費用が先行しているためとのことです。

売上高は前年比40%以上成長をしているので、赤字理由には納得できますね。

⑥ まとめ

フリーはスモールビジネスの味方!

主要顧客は個人事業主や中小企業をターゲットにしており、会計ソフト、人事労務ソフトでは日本のクラウド市場シェア№1です。

 

株価は11月以降、レンジ相場を続けています。テクニカルでは、上値ラインは10,000円、抵抗ラインは8,000円が意識されると思います。

・短期の株価予想

このままレンジ相場が続くと予想しますが、もし8,000円を大きく割り込むと、一気に暴落となる可能性が考えられます。

上値10,000円越え後の定着は、大きなサプライズがないと難しいと感じますね。

 

・長期の株価予想

売上高が増加しており、企業自体がしっかり成長していますので、株価はまだまだ上を目指して行けると考えます。

 

以上! ※投資の判断は自己責任になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA