【なぜ?株価上がりすぎ!?】HOYA(7741)株価分析

ユウイチ

こんにちは、ユウイチです。

株式投資歴7年目。今まで本ブログで35社以上のファンダメンタルズ分析を行ってきました。

今回は「HOYA(7741)」の銘柄について解説していきたいと思います。

 

🔽HOYA (7741)まと

・HOYAの株価はやや割高感あり

・長期的には株価上昇が見込める

・世界シェア№1の製品が多数有り

・海外売上比率は70%以上

・利益率は20%超

・配当性向30%程度で推移

 

✔【 本記事の内容 】

  • HOYAの株価はなぜ高いのか。
  • HOYAの特徴・強みは何か。
  • HOYAの今後について。

▼2021年5月9日のデータです。

  • 株価:13,145円
  • PER:-倍
  • PBR:7.05倍
  • 配当利回り:-%
  • 時価総額:4兆9,009億円
  • 業種:精密機器
  • 東証一部

2022年3月期の業績が非開示のため、PER・配当利回りは「-」です。

HOYA(ホーヤ)とは?

HOYA株式会社(ホーヤ、HOYA Corporation)は、日本の光学機器・ガラスメーカー。

 

三水会・みどり会の会員企業であり三和グループに属しているが、ペンタックスを合併してからは第一勧銀グループにも属している。

 

社名は、創業の地である東京都保谷市(ほうやし、現 西東京市)に由来する。

 

創業時の社屋は現存せず、本社は新宿区中落合を経て西新宿に移転している。

 

(出典:Wikipedia)

HOYAは日本の光学機器・ガラスメーカーで、BtoB・BtoCそれぞれに向けてビジネスを展開しています。

主力事業セグメントは下記の2つになります。

ライフケア事業

メガネレンズ

メガネレンズの研究開発・製造・販売を行っています。

ユーザーへの販売はメガネの小売店(メガネスーパーや愛眼など)が行っています。

HOYAのメガネレンズは世界シェアは№2を獲得しています。

コンタクトレンズ

(出典:HOYAホームページ)

コンタクトレンズ専門小売店「アイシティ」を日本国内において展開しています。

HOYAはコンタクトレンズ小売にて国内シェア№1を獲得しています。

メディカル関連製品

医療用内視鏡、白内障手術用眼内レンズの研究開発・製造・販売を行っています。

HOYAは医療内視鏡で世界シェア2位、白内障手術用眼内レンズで国内シェア№1を獲得しています。

情報・通信事業

半導体製造用マスクブランクス

半導体製造用マスクブランクスの研究開発・製造・販売を行っています。

半導体製造用マスクブランクスは、半導体の製造工程において必要不可欠な部品になります。

HOYAの半導体製造用マスクブランクスは世界シェア№1を獲得しています。

FPD製造用フォトマスク

LCDやOLEDなどFPDの製造に用いるフォトマスクの研究開発・製造・販売を行っています。

FPD製造用フォトマスクは、TV、スマートフォン、ノートPCなど向けのFPD製造時に必要不可欠な部品になります。

HOYAは液晶パネル用フォトマスクで世界シェア№1を獲得しています。

HDD用ガラス基板

HDD用ガラス基板の研究開発・製造・販売を行っています。

HDDはノートPCやサーバーの記録媒体として使われています。

HOYAはHDD用ガラスディスクで世界シェア№1を獲得しています。

映像関連製品

各種カメラ用の光学ガラス材料と光学レンズの研究開発・製造・販売を行っています。

HOYAは光学レンズで世界シェア№1を獲得しています。

HOYAの特徴や強み【株価が高い理由を分析】

競争力が高い製品を多数保有

HOYAは世界・国内シェアトップクラスの製品を多数保有しています。

HOYAは競争力が高いことから、全体の利益率は20%を超えており、稼ぐ力がある企業と言えます。

ライフケア事業

  • メガネレンズ:世界シェア№2
  • コンタクトレンズ小売:国内シェア№1
  • 医療用内視鏡:世界シェア№2
  • 白内障手術用眼内レンズ:国内シェア№1

情報・通信事業

  • 半導体製造用マスクブランクス:世界シェア№1
  • 液晶パネル用フォトマスク:世界シェア№1
  • HDD用ガラスディスク:世界シェア№1
  • 光学レンズ:世界シェア№1

海外売上高比率が70%超

(出典:HOYA 2020会社案内)

HOYAの海外の売上高比率は全売上の72%を占めており、従業員の約90%が外国人というグローバル企業です。

一般人にあまり馴染みがないHOYAですが、日本を代表する企業の1つです。

株価推移

🔽 週足チャート

(出典:かぶたん)

5月9日現在は、株価13,145円です。

株価は2020年3月のコロナ前を超えて、順調に右肩上がりで推移しています。

情報・通信事業の半導体ブランクスなどが好調で業績を伸ばしています。

株価は上がりすぎか?

2022年3月期の通期業績は非開示のため、2021年3月期の業績で考えてみます。

2021年3月期の修正1株益(EPS)は335.8円でした。

EPS335.8円を基にPERを計算すると、HAYAのPERは39倍になります。

日経平均の平均PERは20倍ですので、PERの指標ではHOYAはやや割高感があります。

しかし、HOYAの製品である「レンズ」や「半導体関連部品」はこれからも需要が見込める分野であるため、一時的に株価が下がったとしても、今後売上が成長すれば、株価上昇の余地は十分にあります。

通期業績

(出典:かぶたん 金額:百万円 前年同期比:%)

2021年3月期の業績は好調で、経常益・最終益については、過去最高を記録しています。

2022年3月期予想は、現時点(5月9日)では非開示となっています。

配当金の推移

年間配当金の推移

  • 2018年3月:75円
  • 2019年3月:90円
  • 2020年3月:90円
  • 2021年3月:90円
  • 2022年3月:-円

2022年3月期の配当金額は未定の為、「-」です。

直近4年の配当性向は30%前後で推移しています。

財務状況

(出典:かぶたん)

自己資本比率40%以上あれば、倒産しにくいと言われていますが、HOYAは自己資本比率80.6%なので、財務状況は全く問題ありません。

ユウイチ

コロナ禍ですが、倒産の心配はなく安心です。

まとめ

HOYAは堅実な企業!

  • HOYAの株価はやや割高感あり
  • 長期的には株価上昇が見込める
  • 世界シェア№1の製品が多数有り
  • 海外売上比率は70%以上
  • 利益率は20%超
  • 配当性向30%程度で推移

手堅く投資をするなら、HOYAは打ってつけの銘柄ですね。

HOYAの製品である「レンズ」や「半導体関連部品」はこれからも需要が見込める分野であるため、中長期的に株価上昇は期待できます。

世界進出している日本を代表する企業ですので、今後の活躍にも期待です!

以上! ※投資の判断は自己責任になります。

HOYAの株を1単元(100株)投資する場合、購入金額の高さがネックとなります。

 

HOYAの株主になるには、最低100株で約130万のお金が必要です。

 

そこでオススメしたいのが「1株から購入できる」LINE証券です。

 

LINE証券を活用すれば、HOYAの株を1株:1万3千円前後で投資をすることができます。

 

下記の記事でLINE証券について解説しています。ぜひともご覧になってみて下さい。

 

⇒LINE証券のメリットやデメリットは?評判・口コミもチェック!

★ブログの最新情報が知りたい方は、ぜひフォローしてください。Twitterリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA