株を塩漬けにすると成功しません【塩漬けにしない5つのコツ】

「株を塩漬けにして、長期保有してしまっているな…。塩漬けをしない方法について知りたいな」

 

こんな疑問についてお答えします。

▼記事内では、以下のことを紹介します

「塩漬けのデメリットについて」

「塩漬けをしない5つのコツ」

「塩漬けが成功するケース【例外】」

 

この記事を書いている僕も、過去に塩漬けして、失敗してきました。

 

経験した失敗を分析したり、勉強をすることで、塩漬けをすることなく、正しく損切ができるようになりました。

 

そこで今回は「塩漬けをしない方法や注意点」などを解説していこうと思います。

 

1.塩漬けは成功しません

 

「購入した株が含み損になってしまった・・・このまま、塩漬けにして長期保有していたら、いつの間にか含み益になるかな?」と考えてはいませんか?

 

残念ながら、ほとんどの場合、塩漬けは成功とはなりません。

 

塩漬けには多くのリスクがあります。

 

塩漬けのデメリット

① 上昇の見込みがない株を保有し続けると、含み損が拡大する

 

② 塩漬けの株によって資金が拘束される

 

③ 精神的ストレスが増える

 

④ 資産を大きく減らし続けて、株式市場を退場となる

 

一番避けるべきは「株式市場からの退場」です。損切のタイミングを見誤ると、資産を大きく減らすリスクが高くなります。

 

次の項目では「塩漬けをしない5つのコツ」を紹介します。

 

2.塩漬けにしない5つのコツ

 

私が実践している「塩漬けしない5つのコツ」は下記です。

投資前

① 短期投資か中長期投資か決める

 

② 投資理由を明確にする

 

③ 利確、損切ラインを決める

投資後

③ 投資理由がなくなれば、利確・損切する

 

④ 利確、損切ラインに達したら利確・損切する

 

それぞれチェックをしていきましょう!

 

① 短期投資か中長期投資か決める

 

投資前の段階で、短期投資か中長期投資かを明確に決めましょう。

 

明確にすると、投資手法がブレなくなります。

 

② 投資理由を明確にする

 

株を購入するときには、投資を決断した理由が何かしらあるはずです。

投資理由の例

「新サービスがヒットしそう」

「今後も売上の成長が期待できる」

「営業利益率の改善されそう」など

 

そういった自分で考えた投資理由について、言語化してメモする」ことをオススメします。

 

株を購入する前は、フラットな目線で物事を考えられているはずです。

 

冷静に考え抜いた投資理由は、自分の中で1つの大きな軸となります。

 

③ 利確、損切ラインを決める

 

決め方としては、株価の金額で決めるか、10%などのパーセントで決めるかの2パターンがあります。これは、自分がやりやすい方法で良いと思います。

 

利確・損切ラインの例

株価3,000円で利確する。

株価2,000円で損切する。

株価が15%以上上昇したら利確する。

株価が10%以上下落したら損切する。など

 

大切なことは、「利確と損切ラインを必ず決める」ことです。

 

株を購入するときは、「どれぐらい利益が出るだろう?」とついつい利益ばかりを考えがちです。

 

ですが、「どれぐらい損する場合もあるだろう?」といった、損することについても考えることが重要です。

 

④ 投資理由がなくなれば利確・損切を

 

これは、「②投資理由を明確にする」で設定した投資理由がなくなったのであれば、利確・損切しましょうという意味です。

 

投資理由がなくなる例

投資した理由が「高い売上成長率」だったとします。

 

決算発表にて売上の成長が、今後見込めないことが判明。

 

投資理由がなくなってしまったので、このタイミングで利確・損切する。

 

利確・損切のポイントは「機械的に行う」です。

 

感情面としては「きっと、また株価が上昇するかもしれない…」と都合よく考えたくなるものです。

 

ここは感情を押し殺して「機械的」に処理してしまいましょう。その方が精神的にも楽です。

 

⑤ 利確・損切のラインに達したら、利確・損切する

 

これは、「③利確、損切ラインを決める」で設定したラインが来たときに、利確・損切しましょうという意味です。

 

これも④と同じく、「機械的に行う」ことが大切です。

 

利確した後に株価が上昇することもよくありますが、「尻尾と頭はくれてやれ」の格言にもある通り、尻尾はどうぞくれてやりましょう。

 

人間は欲深い生きものです。

 

感情の暴走にはご注意を!

 

3.塩漬けが成功するケース

 

これまでは、「塩漬けをしない方法」について説明してきました。

 

読者としましては、「この項目は一体どういことなんだ!」と思う方も多いと思います (笑)

 

あくまで例外ケースとして、頭の片隅において頂ければと思います。

 

外的要因によって株価は下がったが、業績好調を維持している

外的要因とはコロナショックなどのケースになります。

 

コロナショック時の株式市場は、全面安となりました。

 

売られた株の中には、コロナ渦の影響をほとんど受けていない企業もありました。

 

コロナの影響を受けていないのであれば、投資理由はなくなっていないはずですね。

 

そういった株をもっている場合は、塩漬けをしたとしても復活して報われる可能性は高いです。

 

4.まとめ

 

繰り返しとなりますが「塩漬けにしない5つのコツ」は、下記の通りです。

投資前

① 短期投資か中長期投資か決める

 

② 投資理由を明確にする

 

③ 利確、損切ラインを決める

投資後

③ 投資理由がなくなれば、利確・損切する

 

④ 利確、損切ラインに達したら利確・損切する

 

もし塩漬けとなっている株がありましたら、上記を参考に投資方法について見直してみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA