【なぜ?村田製作所の株価は高いのか?】村田製作所(6981)株価分析

🔽村田製作所 (6981) 株価まとめ

・Appleの有力サプライヤー

・世界シェア№1の製品が多数有り

・村田製作所の株価は順調に推移

 

✔【 本記事の内容 】

  • 村田製作所の株価はなぜ高いのか。
  • 村田製作所の特徴・強みは何か。
  • 村田製作所の今後について。

▼2021年5月7日のデータです。

  • 株価:8,731円
  • PER:23.3倍
  • PBR:2.91倍
  • 配当利回り:1.37%
  • 時価総額:5兆9,005億円
  • 業種:電気機器

村田製作所とは?

株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品メーカー。

 

電子部品を主力とする企業では世界トップクラスに位置している。

 

TOPIX Core30の一社に選ばれている。

 

(出典:Wikipedia)

村田製作所はBtoB向けに電子部品を製造・販売している会社です。

セラミックコンデンサで世界首位の位置にいます。また、材料から一貫生産の技術力に強みがあります。

事業セグメントは下記の3つになります。

事業セグメント別売上高(20・3)

  • コンポーネント(コンデンサ他):69%
  • モジュール:31%
  • その他:0%

※ 海外売上高比率は、なんと91%を誇っています。

村田製作所の特徴や強み【株価が高い理由を分析】

世界シェア№1の製品が多数ある

(出典:村田製作所ホームページ)

村田製作所は世界シェア№1の製品を数多く持っています。

  • 積層セラミックコンデンサ:世界シェア40%
  • SAWフィルタ:世界シェア50%
  • マイクロバッテリ:世界シェア40%
  • EMIフィルタ:世界シェア35%
  • ショックセンサ:世界シェア95%

そして驚異的な事実ですが、スマートフォンを始め、電気で動くモノの99.9%に村田製作所の電子部品が入っています。

それだけ村田製作所の電子部品は優れており、身近な製品全てにおいて使用されています。

Appleの有力サプライヤーである

Apple製品であるiPhoneやMacも例外なく村田製作所の電子部品が使用されています。

Appleの新製品発売やiPhoneの売上好調を受けて、思惑で村田製作所の株価が反応することがあります。

海外売上比率は90%以上

(出典:村田製作所 ホームページ)

村田製作所の海外売上高比率は2020年3月期で91%を誇っています。

これは、売上高1兆円以上の企業でトップの海外売上高比率になります。

営業利益率は驚異の19%

村田製作所の営業利益率は2021年3月期では、19.2%を誇っています。

これは工場を多く所有する製造業としては非常に高い数字(製造業の平均は約5%)です。

村田製作所の製品は他社と差別化出来ており、価格競争になっていないことが伺えます。

株価推移

🔽 週足チャート

(出典:かぶたん)

5月7日現在は、株価8,731円です。

株価は2020年3月のコロナ前を超えて、順調に右肩上がりで推移しています。

スマートフォン、PC、自動車市場の需要UPが追い風となっています。

また、村田製作所はAppleの有力サプライヤーで有ることから、Appleの業績が良いことも、株価上昇の一因になっています。

通期業績

(出典:かぶたん 金額:百万円 前年同期比:%)

電子部品の需要は底堅く、コロナ禍であった2021年3月期において、過去最高の業績をたたき出しています。

2022年3月期予想も増収・増益の予想です。

配当金の推移

年間配当金の推移

  • 2018年3月:260円
  • 2019年3月:280円
  • 2020年3月:97円
  • 2021年3月:115円
  • 2022年3月:120円

5月7日現在は、配当利回り1.37%です。

株価の上昇もあって、配当利回りは多少低めの状態になります。

村田製作所は中期的に配当性向30%程度を目安としています。

財務状況

(出典:かぶたん)

自己資本比率40%以上あれば、倒産しにくいと言われていますが、村田製作所は自己資本比率78.0%なので、財務状況は全く問題ありません。

ユウイチ

コロナ禍ですが、倒産の心配はなく安心です。

まとめ

村田製作所の電子部品は凄い!

  • 村田製作所の株価は順調に上昇中
  • 世界シェア№1の製品が多数ある
  • Appleの有力サプライヤーである
  • 海外売上比率は90%以上
  • 営業利益率は驚異の19%
  • 配当金は配当性向30%程度で推移

手堅く投資をするなら、村田製作所は打ってつけの銘柄ですね。

世界進出している日本を代表する企業ですので、今後の活躍に期待です!

以上! ※投資の判断は自己責任になります。

村田製作所の株を1単元(100株)購入するとなると、購入金額の高さがネックになります。

 

村田製作所の株主になるには、最低100株で約80万のお金が必要です。

 

そこでオススメなのが「1株から購入できる」SBIネオモバイル証券(ネオモバ)です。

 

SBIネオモバイル証券を活用すれば、村田製作所の株を1株、8千円前後で投資することができます。

 

下記の記事でネオモバについて解説しています。興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

 

⇒「ネオモバ」の具体的な活用術を紹介!メリット・デメリットも解説!

★ブログの最新情報が知りたい方は、ぜひフォローしてください。Twitterリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA