【配当金は横ばい!今後の株価予想は?】NTTデータ(9613)株価分析

🔽NTTデータ (9613) 株価まとめ

・業績はコロナの影響で少し減収減益

・今後の業績拡大のポテンシャルは有る

・配当金は横ばい

 

✔【 本記事の内容 】

  • NTTデータの「特徴・強み」が分かる。
  • NTTデータの「株価分析」を見る。
  • NTTデータの「配当金」を見る。

▼2021年4月16日のデータです。

  • 株価:1,738円
  • PER:34.3倍
  • PBR:2.45倍
  • 配当利回り:1.04%
  • 時価総額:2兆4,375億円
  • 業種:情報・通信業

NTTデータとは?

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、英:NTT DATA Corporation)は、データ通信やシステム構築事業を行うシステムインテグレーター。

 

日本電信電話株式会社の子会社(中間持株会社はNTT株式会社、英:NTT, Inc.)で、NTTグループ主要5社の一つである。

 

情報サービス専業企業としては日本最大手である。国内外300社を超える傘下企業を持つ世界有数のIT企業である。

 

(出典:Wikipedia)

NTTTデータはBtoBや官公庁向けに、情報サービスの「設計・開発・運用・保守」の全工程を行っている会社です。

事業セグメントは下記の5つがあります。

2020年3月期売上高(セグメント別内訳)

  • 公共・社会基盤:18%
  • 金融:22%
  • 法人・ソリューション事業:19%
  • 北米:18%
  • EMEA・中南米:20%

※EMEAとはヨーロッパ、中東、アフリカを指しています。

※海外売上高比率は約40%を占めています。

NTTデータの特徴や強み

最先端技術の活用が進んでいる

NTTデータはITに関連するあらゆる最先端技術の活用に積極的です。

例えば下記のような技術です。

  • ブロックチェーン
  • ビックデータ
  • セキュリティ・認証
  • AI(人工知能)
  • 電子決済
  • ロボティクス

まだまだ実用段階に至っていないものもありますが、将来性が高い技術ばかりが並んでいることが分かると思います。

このような技術を幅広く手掛けているNTTデータの将来的ポテンシャルは計り知れないですね。

また、NTTグループの強みである官公庁のIT化はこれからですので、その意味でも期待値は高いです。

海外売上高比率 約40%

(出典:NTTデータ 新卒採用サイト)

NTTデータは世界53ヵ国に海外拠点があり、連結の従業員は133,000名の数がいます。

海外売上高比率も約40%ある、グローバル企業です。

ユウイチ

NTTという社名を聞くと、日本のみで有名かと思われがちですが、世界でも活躍する立派な会社です!

株価推移

🔽 週足チャート

(出典:かぶたん)

4月16日現在は、株価1,738円です。

株価は2020年3月のコロナ前を超えて、順調に右肩上がりで推移しています。

多くの最先端技術の活用を進めているNTTデータは今後の株価についても、上昇のポテンシャルは十分にあると考えます。

NTTデータの株を購入する際は、

 

「1株から購入できる」SBIネオモバイル証券(ネオモバ)がオススメです。

 

下記の記事でネオモバについて解説しています。ぜひご覧になってみて下さい。

 

⇒「ネオモバ」の具体的な活用術を紹介!メリット・デメリットも解説!

通期業績

(出典:かぶたん 金額:百万円 前年同期比:%)

実はNTTデータは2020年3月期まで連続増収記録を「31年間」達成してきていました。

しかしコロナ禍によって、2021年3月期で記録が途絶える可能性が出ています。

配当金の推移

年間配当金の推移

  • 2018年3月:15円
  • 2019年3月:17円
  • 2020年3月:18円
  • 2021年3月:18年 (予定)

4月16日現在は、配当利回り1.04%です。

株価の上昇もあって、配当利回りは少し低めの状態になります。

2021年3月の配当性向は35%ですが、今後も配当性向35%前後を維持していくものと考えます。

財務状況

(出典:かぶたん)

自己資本比率40%以上あれば、倒産しにくいと言われていますが、NTTデータは自己資本比率35.8%なので、財務状況はやや心配です。

しかし、営業利益はしっかり稼いでますので、倒産の心配はないでしょう。

ユウイチ

コロナ禍ですが、倒産の心配はなく安心です。

まとめ

NTTデータは業績拡大のポテンシャルは十分!

  • 業績はコロナの影響で少し減収減益
  • 今後の業績拡大のポテンシャルは有る
  • 株価は2020年3月のコロナ前を超えて、順調に右肩上がりで推移
  • 配当金は横ばい

手堅く投資をするなら、NTTデータは打ってつけの銘柄ですね。

世界進出している日本を代表する企業ですので、今後の活躍に期待です!

以上! ※投資の判断は自己責任になります。

★ブログの最新情報が知りたい方は、ぜひフォローしてください。Twitterリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA