【SBI証券×S&P500】買い方を画像15枚で初心者に解説!

 

・SBI証券でのS&P500の買い方を知りたいな。

 

・S&P500で資産形成できる?

 

・投資信託とETFの違いは何?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

 

この記事で紹介する「S&P500の買い方」を実践すれば、初心者でも簡単に資産形成ができますよ!

 

なぜなら、実際にボクもこの方法でS&P500を資産形成しており、現在(2021/7/9)は+6.92%の含み益が出ています。

(※添付画像は楽天証券のものですが、投資対象はS&P500です)

 

記事前半では「S&P500(投資信託・ETF)について」を解説し、後半では「S&P500の買い方」を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

この記事の内容を理解して確実な資産形成をしましょう! すぐにS&P500の買い方について知りたい方は、SBI証券でのS&P500の買い方へどうぞ!

S&P500とは?

S&P500とは、米国の代表的な株価指数の1つです。

その理由は、米国を代表する500銘柄で構成されているからです。

 

組み入れ銘柄の上位群は下記になります。

  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • フェイスブック
  • GOOGL
  • テスラ
  • バークシャーハサウェイ
  • JPモルガン
  • ジョンソン&ジョンソン

 

一度は名前を聞いたことがある企業が多いのではないでしょうか。

S&P500は、米国を代表する有名企業へ簡単に分散投資ができるのが魅力です。

 

S&P500で資産形成ができる理由

S&P500で資産形成ができるの?と思われる方がいるかもしれませんが、資産形成は十分に可能です。

 

下記はS&P500指数の30年推移になります。

(出典:楽天トウシル S&P500は世界最強の株価指数!業績相場に挑む米国株式)

 

下落するタイミングもありますが、長期的に見れば、右肩上がりのチャートであることが分かると思います。

30年推移で見ると、コロナショックも誤差に見えますよね(笑)

 

今後も人口増加が見込める米国は、経済が発展していくと考えられますので、投資対象として間違いない選択です。

 

SBI証券で買えるS&P500を紹介

SBI証券では、S&P5000指数に連動する投資商品が多数あります。

 

その中でも一番オススメできる「投資信託」と有名な「ETF」を下記で紹介します。

投資信託、ETFそれぞれの違いについて

SBI証券で買えることができる、オススメの投資信託と有名なETFを1つずつ紹介します。

SBI・V・S&P500 バンガード・S&P500 ETF(VOO)
商品  投資信託  ETF(上場投資信託)
取引単位 100円以上1円単位 1口単位(※1)
=約40,000円
取引価格 毎営業日1回算出される 株式と同様に値動きする
取引通貨 日本円 米ドル(円貨決済も可能)
運用手数料※2 0.0938%程度 0.03%
分配金/再投資 ファンド内で再投資 受取後、再投資
つみたてNISA 対象 対象外

※1 参考価格になります。株価や為替レートによって上下します。

※2 SBI・V・S&P500インデックス・ファンドは信託報酬率(年率・税込)、バンガード・S&P500 ETF(VOO)は経費率(年率・税込)です。

 

投資信託とETFはそれぞれ同じ指数に連動するので、ぶっちゃけるとどちらに投資しても、大きく差がでることはありません。

 

しかし、お手軽さという面では投資信託に軍配が上がります。

投資信託がお手軽な理由

  • 100円から投資ができること
  • 為替取引を考慮する必要がないこと
  • 分配金が自動で再投資可能

上記の理由から、投資信託はETFよりお手軽に投資することができます。

SBI証券でのS&P500の買い方

ここからは、SBI証券での具体的な買い方を投資信託・ETFそれぞれご紹介します。

まだSBI証券の口座がない方は、開設しておきましょう。

\5分で簡単に申込完了/
 SBI証券で 口座開設 (無料) 

投資信託の買い方

下記では、スマートフォン表示での注文方法を解説します。

 

① まずSBI証券でログインして、「メニューをタップします。

 

②「投資信託をタップします。

 

③ 検索ボックスに「SBI・V・S&P500」と入力して、検索ボタンをタップします。

 

④ 検索結果に表示された「SBI – SBI・V・S&P500インデックス・ファンドをタップします。

 

⑤「買付をタップします。

 

⑥ 買付方法を選択します。今回は「金額指定買付で進めていきます。

 

⑦「目論見書補完書面」と「目論見書」を確認して、「同意して次へをタップします。

 

⑧「注文金額」、「取引パスワード」などを入力して「確認」をタップします。

 

⑨ 最後に、注文確認画面が表示されるので、問題なければ「発注をタップします。

これで注文は完了です。お疲れ様でした!

ETFの買い方

下記では、スマートフォン表示での注文方法を解説します。

① まずSBI証券米国株アプリにログインして、「検索」をタップします。

 

② 検索ボックスに「VOO」と入力します。

③ 検索結果に表示された「バンガード S&P500 ETF(VOO)」をタップします。

 

④「買付」をタップします。

 

⑤ 「注文入力」をします。

・株数:1口から購入可能です。

・価格:指値・成行・逆指値の選択します。
(単位はUSD(ドル)です)

・決済方法:外貨(ドル)か円貨(円)を選びます。

(外貨は事前に為替取引で外貨の入金が必要です。 円貨は証券口座の日本円の買付余力の範囲で注文できます。 初心者は円貸が良いと思います。)

 

⑥「取引パスワード」などを入力して「確認する」をタップします。

⑦ 最後に、注文確認画面が表示されるので、問題なければ「発注」をタップします。

これで注文は完了です。お疲れ様でした!

まとめ

・S&P500とは?

米国の代表的な株価指数の1つです。 その理由は、米国を代表する500銘柄で構成されているからです。

 

・S&P500で資産形成ができる理由

長期的に右肩上がりの指数であり、今後も米国の経済成長が期待できるので、資産形成は十分に可能です。

 

・SBI証券で買えるS&P500を紹介

投資信託は「SBI・V・S&P500」、ETFは「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」がオススメです。

 

この記事で紹介する「S&P500の買い方」を実践すれば、初心者でも資産形成ができます!

 

投資による資産形成は、やるかやらないかで大きな差がでます。 まずは少額からでも投資をすることをオススメします。

★ブログの最新情報が知りたい方は、ぜひフォローしてください。Twitterリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA