スマレジ(4431)株価分析【今後の株価の予想は?】

スマレジ(4431)株価分析まとめ

・キャッシュレス化など、現在のテーマ株

・株価は3,000~5,000円のレンジ相場が継続か

・買い出動は、3,800円以下がベスト

 

下記にてそれぞれチェックしていきましょう。

1.株価情報

株価:4,710円

PER:92.8倍

PBR:13.22倍

配当金:-

配当利回り:-

 

2020年11月13日のデータ

2.事業内容

参照https://corp.smaregi.jp/service/smaregi.php

・クラウドサービス事業

社名の通り、レジがメイン事業です。

「高機能クラウド型のレジ」が主力商品です。

ビジネスモデルは下記の2点です。

①月額利用料 ②関連機器販売

3.事業の特徴

・キャッシュレス、セルフレジ導入のニーズ大

昨今は現金支払いからキャッシュレス化へ、お金の流れが変化しています。

世界的なキャッシュレス化の流れ、国・企業にとっても、お金の管理が効率的になるなどメリットが多数あります。スマレジはこれらのニーズにマッチしたサービスを提供しており、これからの成長も期待されます。

 

・ストックビジネスによる安定的な利益を確保

月額有料プランの契約件数が増えることで、売上も確実に増えていきます。

直近ではコロナ渦によって、小売店などが閉店するなど、解約数もコロナ前と比較すると少し増加しているようです。しかし、新規取り込みも着実に行っているので、景気回復とともに契約件数も増加していくと考えられます。

4.株価推移

▼1年チャート

11月13日現在は、株価4,710円です。

PER:92.8倍、PBR:13.22倍になります。

 

株価チャートは、レンジ相場になっているのが特徴です。直近では3,000~5,000円の間を行ったり来たりしています。

今後の株価も同様の動きが予想できるかと思います。

4.経常利益の推移 (通期)

決算期 経常利益 前期比
2017年4月 1億5,600万円 129.4%
2018年4月 3億200万円 93.6%
2019年4月 4億800万円 35.1%
2020年4月 7億5,100万円 84.1%
2021年4月 予想 6億7,800万円 -9.7%

20年4月期は、軽減税率特需の関係で絶好調でした。

21年4月期は、上記特需の反動で数字上は減益ですが、足元の成長は順調に推移しています。

5.まとめ 今後の株価予想

スマレジは、現在の市場テーマと合致しています。引き続き市場から注目される銘柄の一つとなると思います。

株価は、過去の傾向から、3,000~5,000円のレンジ相場が続くと予想します。

買い出動のタイミングは、3,800円以下ぐらいに入ってからが良いと思います。

4,000円以上は、様子見推奨です。

今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA