すららネット(3998)の株価暴落!今後の買い時について

すららネット(3998)株価まとめ

・コロナ渦でネット学習教材の需要が急拡大

・人気銘柄となって、株価は一時9,350円へ

・10月後半から地合い悪化で、株価は乱高下中

・買い検討は、中長期投資は需給が崩れた暴落時、短期投資は上昇トレンド時の順張りで狙いたいところ

 

下記にてそれぞれチェックしていきましょう。

① 株価情報

株価:5,860円

PER:115倍

PBR:32.03倍

配当金:無し

配当利回り:-

2020年11月2日のデータ

② 事業内容

参照:https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS04579/0da33883/abd8/460a/b824/fafbcebec04e/20200821141628108s.pdf

・ネット学習教材サービスの提供、運用コンサルティングを展開しています。

メイン顧客は下記の3つです。

  • 学校法人 (国内、海外)
  • 学習塾
  • 家庭学習者(BtoC)

③ 事業の特徴

・安定的な成長が見込めるビジネスモデル

コロナ渦を背景にオンライン学習が注目されています。緊急事態宣言時には学校も臨時休校になり、一気に需要が拡大しました。

政府の後押しもあって、教育現場のIT化も加速しています。

ネット学習教材はまさしく追い風になっていますね。

 

・ESGの取組に積極的

ESGとは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンス)」のことです。

昨今、ESGに配慮した企業に投資することが重要視されてきています。

すららネットでは「教育格差」の是正、ネット教材活用による紙資源の利用削減などに取り組んでいます。

④ 株価推移

▼6カ月チャート

11月2日現在は、株価5,860円です。

年初来高値は10月14日の株価9,350円です。

 

現在の株価水準は、年初来高値から約1/3に下がっていますね。

10月後半から地合い悪化により暴落した為、過熱感は少し和らいだかたちです。

それでも、株価5,000円台は割高な印象です。

 

悪材料はでていないので、今後の株価については、再び成長性を材料に買われる可能性も充分に考えられます。

しかし買われ過ぎな側面もあるので、いつ暴落しても不思議ではないです。

⑤ 経常利益の推移 (通期)

2017年12月期  108,000,000円

2018年12月期  223,000,000円

2019年12月期  65,000,000円

2020年12月期  476,000,000円 (会社予想)

2020年12月期は前期比7.3倍の増加です。

⑥ まとめ

現在の株価5,860円は年初来高値から約1/3に下がっています。

しかし、今後の成長性を加味したとしても、現在の株価は高過ぎかなとの印象です。

 

中長期投資の場合は、需給が崩れた暴落時に仕込みたいところです。目標株価としては4,500円ぐらいまで、待ちたいですね。

短期投資の場合は、地合いが良い状態であれば、上昇トレンド時の順張りで狙うのはありかなと思います。

今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA