【株価暴落!今後の株価予想は?】ベガコーポレーション(3542)

🔽ベガコーポレーション(3542) 株価まとめ

・通期予想は、小幅な増収・大幅な減益。

・直近は売上成長が伸び悩んでいる。

・今年度は正念場の1年と言えそう。

 

▼記事内では、以下のことを紹介します。

・ベガコーポレーションの株価暴落の原因

・ベガコーポレーションの今後の株価予想

・ベガコーポレーションの業績について

株価情報

🔽2021年5月20日のデータです。

  • 株価:1,565円
  • PER:23.4倍
  • PBR:3.22倍
  • 配当利回り:0.64%
  • 時価総額:166億円
  • 業種:小売業

ベガコーポレーションの時価総額は200億円以下のため、小型株に分類されます。

ベガコーポレーションの事業内容

国内家具EC事業(LOWYA[ロウヤ])

(出典:ベガコーポレーション ホームページ)

ベガコーポレーションはBtoC向けに家具の販売を行っています。

特徴として、実店舗での販売を行わず、インターネット通信販売のみで事業を展開しています。

売上高は9割以上が国内家具EC事業(LOWYA事業)が占めています。

 

越境ECプラットフォーム事業(DOKODEMO事業)

(出典:2021年3月期  第3四半期決算説明会資料)

日本の製品を世界各地に販売することに特化したグローバルECサイトとして、運営しています。

「DOKODEMO」が商品説明の翻訳や国際決済、物流など複雑なオペレーションを一括で担っています。

 

ベガコーポレーションの企業分析

コロナ渦を背景に売上高を伸ばした企業

売上高(百万円)・売上総利益率のグラフ

(出典:2021年3月期  通期決算説明資料)

2021年3月期はコロナ禍による巣ごもり・テレワークによって、家具の需要が急拡大し、売上高は昨年度比42.3%の成長することができました。

後述する2022年3月期もコロナ禍の状況ではありますが、昨年度のような特需は期待できないため、ベガコーポレーションにとっては、今年度は正念場の1年と言えそうです。

2022年3月期は増収減益の予想

(出典:かぶたん 金額:百万円 前年同期比:%)

2021年5月14日に2022年3月期の通期予想を発表。

コロナウイルスを加味しているとは言え、小幅な増収・大幅な減益という、厳しい予想となっています。

詳しくは後述しますが、ベガコーポレーションは投資先行のフェーズであるため、大幅な減益は先行投資も含まれています。

そのため、今回の通期予想は、全てが悲観というわけではありません。

集客強化に力を入れていく

(出典:2022年3月期  業績予想・LOWYA事業 中期事業方針)

ベガコーポレーションはアクセス数・会員数の増加を目的に集客の強化を行っています。

2022年3月期は集客強化・採用費などで最大5億円の投資を行う計画です。

中期GMV(流通取引総額)の目標値を公開

(出典:2022年3月期  業績予想・LOWYA事業 中期事業方針)

ベガコーポレーションは中期事業目標を発表。

目標数値はGMV(流通取引総額)の指標で示されています。

2021年のGMVは190億円でしたので、2026年500~600億円という目標は5年間で約3倍成長をしていく計算になります。

家具・インテリアEC市場は引き続き伸びていく市場ですが、果たしてベガコーポレーションはどこまでシェアを取れるか、今後の展開に注目していきたいですね。

株価推移

🔽 週足チャート

2021年5月20日現在の株価は1,565円です。

株価は、2020年8月5日につけた株価4,265円から半分以下まで落ちてきています。

株価下落の原因はなに?

主な原因はコロナ渦の特需が一巡したことにより、成長率が鈍化したことです。

ベガコーポレーションは月次報告を発表していますが、成長率の鈍化が見て取れます。

2021年4月の売上は昨年4月の反動が大きく、主力事業が約20%の減収です。

(出典:2021年4月の月次業績に関するお知らせ)

今後の株価予想は?

成長率が鈍化している等を勘案すると、大きな株価上昇は厳しいと思います。

引き続き巣ごもり需要&EC市場の伸びしろはありますが、現在のベガコーポレーションには爆発的な売上アップが想像できないです。

しかし、2022年3月期は集客強化・採用費などで最大5億円の投資を行う計画ですので、この投資が起爆剤になって、風向きが変われば、面白くなりそうですが、果てして…⁉

通期業績

(出典:かぶたん 金額:百万円 前年同期比:%)

2021年5月14日に2022年3月期の通期予想を発表。

コロナウイルスを加味しているとは言え、小幅な増収・大幅な減益という、厳しい予想となっています。

 

配当金の推移

年間配当金の推移

  • 2021年3月:10円
  • 2022年3月:10円予想

2021年3月期に初めて配当が実施されました。

2022年3月期も昨年に引き続き10円の配当予想です。

株主優待

基準日 保有株式数 株主優待内容
3月末 100株以上 ①LOWYA旗艦店20%割引クーポン
②寄付1,000円分 (鎮守の森のプロジェクト)

株主優待は100株以上の保有で、①又は②のいずれかを選択することができます。

ユウイチ

優待で家具をお得に買いましょう!

財務状況

(出典:かぶたん)

自己資本率40%以上あれば、倒産しにくいといわれていますが、ベガコーポレーションは自己資本率62.5%なので、財務状況は問題ありません。

ユウイチ

コロナ禍ですが、倒産の心配はなく、安心です。

まとめ

ベガコーポレーションは様子見推奨!

2022年3月期の通期予想は小幅な増収・大幅な減益です。

マザーズの小型株としては、正直物足りない数値になります。

2022年3月期はベガコーポレーションにとって、正念場の1年と言えそうです。

ベガコーポレーションは月次報告を発表しているので、成長率の向上を確認してから、株を購入しても遅くないかもしれません。

ユウイチ

月次報告は要チェックです。

※  投資の判断は自己責任になります。

LINE証券の口座開設にて無料で3000円相当の株をGET!

LINE証券では期間限定のキャンペーンを行っています。

 

無料口座開設してクイズに正解すると、タダで3000円相当の株をGetできます。

 

クイズもかなり簡単なので、誰でも3000円相当の株が手に入ります。

 

投資で「確実に儲かる」なんてことは普通ありませんが、このキャンペーン限っては「確実に儲かる」ことになります。

 

LINE証券は、1株から株が買えるので、

・投資金額が少なくても

・多くの銘柄に分散投資が可能なので

・優良企業に多く投資が

できます。

 

大手ネット証券ではできないことができる、ユニークなキャンペーンも魅力の証券口座です。

 

\無料で最大3,000円分の株をもらう!/

LINE証券を無料で見る ≫

★ブログの最新情報が知りたい方は、ぜひフォローしてください。Twitterリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA